TREATMENT当院の治療

TREATMENT

一般歯科

虫歯は進行度合いによって、治療法が異なります。
大切な歯を守るためには、少しでも虫歯が小さいうちに治療を開始しましょう。

どれだけ虫歯に気を付けていても、虫歯になってしまうことはあります。一度虫歯になった歯が自然に治ることはありません。自覚症状がなくても歯医者さんで虫歯を発見されることもあれば、歯がしみるなどの症状が現れてから虫歯に気付くこともあります。初期の虫歯は自覚症状に乏しく、患者様自身で気づくことはほとんどありません。違和感や痛みが生じるようになると、それはもうすでに虫歯がある程度進行していることを意味します。それだけに、早期に受診して、早期に治療を開始することが何より大切といえます。

CAUSE OF TOOTH DECAY虫歯の原因

見出しが入ります

01細菌

歯磨きがきちんとできていないと歯面にミュータンス菌が付着し、口内の糖質を材料に酸を産生します。歯は酸に弱いのでエナメル質を溶解していき、虫歯の原因となります。放置していると細菌が増えるので、虫歯が進行してしまいます。

見出しが入ります

02食品

ミュータンス菌は食品に含まれる糖質を好んで摂り込みます。特に間食が多いと口内が常に糖質過多の状態となるため、虫歯ができやすい環境になってしまいます。

見出しが入ります

03歯質

歯の強さは人によって異なります。細菌が作り出す酸に対して、強い耐性を持っている人もいれば、そうでない人もいます。そうした歯質の強さを決めるのはエナメル質の構造で、フッ素を使うことで強化できます。

見出しが入ります

04時間

虫歯は風邪のように、感染した直後から症状が現れるような病気ではありません。その成立には、ある程度の時間的経過が必要となっています。歯磨きを怠らないことで、虫歯になってしまう前に予防することができます。

TO PATIENTS患者様へ

虫歯治療というのは、虫歯の進行度によってその方法が大きく異なります。上述したように、早い段階で治療を受ければ、それだけ残せる歯質も多くなり、歯の寿命も長くなりますので、早期の受診をお勧めします。以下に虫歯の進行段階を記載していますので、ご自身がどの段階であるのか確認してみてください。

診療内容の見出しが入ります

初期虫歯(CO)

初期虫歯では、歯の表面に穴はあいていません。舌で触っても違和感はありませんが、視覚的には白濁していたり、茶色くなっていたりツヤがなくなっていたりします。痛みやしみるなどの自覚症状はありません。 治療では基本的に歯を削るようなことはしません。フッ素を塗布するなどして歯の再石灰化を促し、健康な状態に戻すことを目標にします。

診療内容の見出しが入ります

エナメル質の虫歯(C1)

エナメル質だけに留まった虫歯では、表面に浅い穴があいています。まだこの段階でも、痛みやしみるなどの自覚症状はありません。虫歯菌に感染したエナメル質を削り取り、レジンなどで修復します。

診療内容の見出しが入ります

象牙質まで進行した虫歯(C2)

象牙質まで進行した虫歯は、深い部分まで穴があいています。ここまでくると、痛みを感じたり冷たいものがしみたりすることが多くなります。

虫歯菌に感染したエナメル質および象牙質を削り取り、病変部が小さければ、レジン(プラスチック)を充填するだけで十分ですが、病変部が大きい場合はインレーと呼ばれる比較的大きな詰め物を装着することとなります。



診療内容の見出しが入ります

神経まで進行した虫歯(C3)

虫歯菌が神経まで進行すると、激しい痛みを伴います。また、冷たいものを飲んだ時にしみることが多くなり、安静時にも痛みを感じる自発痛(じはつつう)が生じたりするようになります。 虫歯菌に感染したエナメル質および象牙質を削り取り、歯の神経を抜きます。その後、歯の根っこの治療を行い、詰め物、被せ物を装着します。

診療内容の見出しが入ります

歯の根っこだけ残った虫歯(C4)

虫歯が重症化すると、歯の根っこの部分以外は全て侵食され、崩壊します。これを残根(ざんこん)といいます。残根状態になると、歯の神経は死んでいますので、痛みを感じることはありません。しかし、その状態で放置すると細菌感染がさらに根っこの方にまで進み、膿がたまったり痛みが再発したりすることがありますので注意が必要です。 残根状態になると、通常の虫歯治療では効果が期待できなくなるため歯を抜く可能性が出てきます。

当院の治療一覧へ戻る当院の治療一覧へ戻る

RECOMMENDその他診療内容を見る

一般歯科
初期の虫歯は自覚症状に乏しく、患者様自身で気付くことはほとんどありません。違和感や痛みが生じるようになると、それはもうすでに虫歯がある程度進行していることを意味します。それだけに、早期に受診して、早期に治療を開始することが何より大切といえます。
詳しく見る詳しく見る
歯周病
現在、成人の約8割が歯周病にかかっているか、歯周病予備軍と言われています。歯周病になると、歯茎が赤く腫れあがり、出血を起こすことも、口臭が酷くなる場合もあります。そのまま歯周病を放置してしまうと、最後には歯が抜けてしまいます。
詳しく見る詳しく見る
審美歯科
審美歯科では、機能性だけでなく審美性も追及した治療をご提供します。単に噛めるようになるだけではない、白く美しい歯を手に入れたい方にお勧めの治療法です。歯を美しくするメリットは、人前に出るのが怖くなくなるだけではありません。噛み合わせが良くなれば、食事や会話も楽しめるようになります。
詳しく見る詳しく見る